健康保険

健康保険には大きく分けると2種類存在します。
国民健康保険と呼ばれるものと、組合健康保険,政管保険になるとおもいます。
(厳密にいうと船員保険、日雇保険、共済組合などがあるらしいのですがまあ大まかな感覚でいうとこんな感じかと・・)
組合健康保険,政管保険は企業に属している人が入ることができる健康保険です。それらの保険にはいることができない人は、国民保険に入ることになっていて国民皆保険体制になってます。
この健康保険制度によって、日本の医療レベルが均一にいきわたるようなシステムになっているんですね。
健康保険は日本社会のインフラの一つとしてとても重要なんですね。

<用語解説>
組合健康保険:大手企業の従業員や企業グループが営む保険。(要するにたくさんの被保       険者がいる。)
       もしくは、業界ごと等の単位で構成して健康保険組合が運営されています。

政府管掌健康保険: 主に中小以下の企業の従業員で構成され健康保険です。              (社会保険庁が運営らしいのですが大丈夫かな。解体後は・・)